ヒュッゲ タイム

ソフトウエアエンジニア。主にC++開発。ネイリスト業も少々。ファンタジー溢れる人生に憧れつつ、生きるのが辛かったり…。海外ふらつき時代を経て愛国心も育む。男の子2人のママ。自分育て(キャリア)と子育てでいつもいっぱいいっぱいだけど、一生懸命に目の前のことに取り組んで、ステップアップ↗︎↗︎ 技術情報、みんなの幸せ、子育て、キャリア、もう少し快適な家に住みたいけどお金が足りない、など、日々思いながらもがいてます。考えたこと学んだことをアウトプットして頭の整理。賢く楽しく美しく!生きたい!!

マンガ家ヤマザキマリさん インタビュー worldwideな自由子育て

マンガ家ヤマザキマリさんのインタビュー。 『息子に望むことは、自由であってくれ、それだけです。』 私も取り入れたいと思える考え方がたくさんあって、 とても素敵な生き方をされていると思いました。 https://kodomoe.net/serial/interview/10968/

誠は天の道なり。これを誠にするは人の道なり。

誠は天の道なり。これを誠にするは人の道なり。 (中庸 第20章) 儒教哲学の書、中庸の中の言葉。 中庸と誠を拠り所としています。 中庸…バランスのとれた状態。 誠……嘘偽りのないこと。 誠は天の道である。 誠の発現に努めるのが人の道である。 誠はもともと…

LA LA LAND

軽い気持ちで観てみたら、 素敵なお話でした。 何に心を奪われたかって、あの終わり方。 私はセバスチャンの気持ちの深さにグッときました。 あんな風に思われるミアが羨ましい。 セバスチャンには、あの選択しかなかったんだと思いました。 情熱的なミアは…

フラミンゴ

フラミンゴも昔から好き。 色も形も綺麗。 ピンクは、心に良い影響があるらしい。 アメリカの少年院で壁をピンクにしたら、更生率が上がったという話を聞いた事があります。 長い首、華奢な足、程よくボリュームと柔らかそうな質感の羽。 ただフラミンゴの臭…

中庸

儒学の原典のひとつ『中庸』 儒教哲学を説き明かしている。 中庸とは、 偏りのないこと。 行き過ぎもなく、不足もない。 バランスのとれた状態。 意味のある人生と楽しい人生。 2つのバランスを取りながら生きていきたい。 意味ある人生 私が人の役に立てる…

wifi ダイレクトを使って、スマホからプリンター印刷

プリンターの利用手順って、 家に無線ルーターがある前提の説明が前面に押し出しありますが、 無線ルーター無しでも、 wifi ダイレクトでスマホから印刷できました。 大抵のメーカーのプリンターは対応しているようです。 参考↓ https://support.brother.co.…

青空が元気をくれる

青空が元気をくれる。 何故だろうかと調べてみたら、 こんな答えがありました。 https://www.book-power.net/entry/2018/01/08/210205 空の色が神経を落ち着かせる。 姿勢が正されることで気分が整う。 なるほど、参考になります。 他にも広さからくる開放感…

この写真が好きな理由

海が見える。空が見える。 ブルーの濃淡が綺麗。 山が見える。 夕焼けが街や雲に赤みを与える。 たくさんの四角い建物が小さな粒になり、まちづくりの規則性の中で細胞のようにひと塊に散らばっている。 遠くが見えている。どこまで遠くか分からないくらい、…

読書という荒野 読書感想

見城徹さんの『読書という荒野』 読書感想。 気に入ったフレーズ 自己検証、自己嫌悪、自己否定。 ⇨自己分析しながら読み、自分を客観視し、成長する。 仕事は会社や部門としてではなく、 個人としてする。 他の人にできないことをする!といつも、行動する…

写真を撮ってみることで、自己分析。

毎日、写真を撮る。 そうすると、今の自分、過去の自分が観ているもの、惹かれているものなどを客観視できるそうな。 青空、海、川、 そういう自然のものばかりを撮影している自分に気がつきました。 特に拡大した時の水の粒とか、微小な世界のキラキラした…

抽象化

アイデアを生むためには日頃から様々な情報を 汎用性の高さを意識して、抽象化する。 他に活かせることはないだろうか? 気づきの着地点を多く持っていると有利。 解くべき課題を明確に持つ! 居心地の良いコミュニティを作りたい。 好きな事で毎日生活して…

私の価値観。バランスのとれた生活 ・中庸

欲しいもの ①仕事のやりがい、社会への貢献など社会における自分の価値の実感 ②大切な人と穏やかに過ごす時間で得られる幸福感 この2つのバランスが取れた生活をしたい。 今は①に偏っていて、②が出来ていない。 緑を見ながら、やさしい風を感じながら、 好…

今日はボロボロ

今日はボロボロ。 つらくて帰りの電車の中で涙が出てしまった。 かろうじて、子どもにご飯食べさせて あとはぐったり。 コートも脱がずにベットに潜り込んだ。

私の場合、メモしながら読者する方が理解が深まる

メモは不要、記憶に止まった部分が重要なんて意見もありますが、 私の場合、メモしながら読書する方が理解が深まるなぁと 最近実感しました。 難しい本の時に、 『メモの魔力』で説明されているメモ術わ使ってみたら、 すごく良かった!

母は我が道を進む姿を子に見せることで、子を育てる

花まる学習会の高濱さんの言葉。 古い母親像にとらわれる必要はない。 母親が自分の道を進む姿を見た子どもは、しっかり育っている。 ずっと一緒にいることが全てではない。 コミュニティを複数持とう!

魔法の世紀 読書感想

落合陽一さんの『魔法の世紀』の読者感想です。 3D映画はたくさん見たけど、やはり 初めて見た『アバター』が1番面白かった。 と、思っていますが、そう思っている理由は本書の中にもあるように その技術のインパクトに心を動かされたのかと納得しました。 …

暦上1番寒い時期

今日は寒い。 大寒から立春までか一年で一番寒い時期と暦上ではなっているそうです。 あー、寒い。 でも、もう少しで春。

デザインエンジニア

表層と深層の再接続。 ものづくり職人。美しく快適で丈夫なイスのような。 エクスペリエンスドリブン。 ウォークマンのような掛け算の作品。 ITエンジニア 製品のコンセプトを作る行為とコードを書く行為の間に区別がつかなくなってきている。 コードによっ…

大阪にブロックチェーンのコワーキングスペース!

大阪にブロックチェーンのコワーキングスペース!登場!! イベントなども企画予定とのことで楽しみ! https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000008.000039149.html

ことば遊び

こういうのは、ことば遊びとはちょっと違うかもしれませんが… ちょいちょい好きで言いたくなります。 寄り道してから直帰。 危険が危ない。 考えてから、即答します。 他にもあるかな?

ハーバードの人生が変わる東洋哲学 読書感想

原題は、 『道、中国の哲学者は良い人生について何を教えてくれるか』。 印象に残ったこと 自己修養。 自分がどんな人間かを決めつけず、経験や可能性を制限せず、あらたな自分を発見して、自己修養に努めよう! 内容 毎日少しずつ自分を変える 孔子 論語 礼…

藤原和博さんの講演を拝聴してきました。

藤原和博さんの講演、楽しかったです! いつも通りのサスペンダー姿を生で拝見できてテンション上がりました。 ・100万人に1人の希少な存在になる ・生きる力の逆三角形 創造力を鍛えよう!

自分の欲望の原因がよく分からない

自分の欲望の原因が分からないということは、 誰にでもある。 意志は何かの影響を受けて動いている。 自分が自由に単独で決めているのではない。 意志を過信しすぎ。 スピノザのエチカ

挫折・絶望-> 「チャンスが来たぞ」

辻仁成さんの言葉。 挫折や絶望はチャンス 試練が起きたり、挫折や絶望を感じる時こそ、人間が成長している時なんですよ。だから、不意に試練がやって来た時は、そこで苦しむのではなくて「来た来た」「チャンスが来たぞ」と自分を鼓舞すべきだと思います。 …

ささやかなパーティと募金活動

派手なパーティでなく、 ささやかであたたかい集いをする。 浮いたお金で、参加者が少しずつ募金をする。 自分たちの幸せを作りつつ、 世界の幸せに貢献する。 ユニセフは世界の子どもを守る国連機関です。 https://www.unicef.or.jp/sp/special/hub/?utm_so…

パースペクティブ(自分の知っている世界)を広げる

自分にはまだまだ知らないこと、知らない世界があると認識する。 少しでも、自分の世界を広げるよう努める。 人生で迷ったとき、 自分の世界が広がる方を選択する。

なぜ、世界のエリートはどんなに忙しくても美術館に行くのか? 読書感想

『なぜ、世界のエリートはどんなに忙しくても美術館に行くのか?』 最近、似たようなタイトルの本をいくつか見かけて気になりました。 そして、落合陽一さんのように 小さい頃から絵画などのアートに触れている方を見て、 音楽や絵画などへの造詣も深めながら…

文喫

入場料1500円で終日利用可能な本屋。 文喫。 http://bunkitsu.jp 本と出会うための本屋。 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181218-00000004-ykf-soci http://hon-hikidashi.jp/bookstore/70308/ 面白そう!

生で触れないと良さが分からない

クラシック音楽って、 退屈とか、良さが分からないとか、苦手とか 思ってました。 ただ、生で本当に良い演奏を聴くと、感動して、 その曲に関しては、 テレビやCDで聴いても楽しめるようになる。 ということを体感しました。

そのうち息子たちと行きたいイベント

梅田 蔦屋 PLANETS vol.10刊行記念 宇野常寛×鈴木謙介 <ビジネス>と<サブカル>の現在 http://real.tsite.jp/umeda/event/2018/12/planets-vol10.html