ヒュッゲ タイム

ソフトウエアエンジニア。主にC++開発。ネイリスト業も少々。ファンタジー溢れる人生に憧れつつ、生きるのが辛かったり、もがく日々。日記で脳内メンテ。

魔法の世紀 読書感想

落合陽一さんの『魔法の世紀』の読者感想です。

 

3D映画はたくさん見たけど、やはり

初めて見た『アバター』が1番面白かった。

と、思っていますが、そう思っている理由は本書の中にもあるように

その技術のインパクトに心を動かされたのかと納得しました。

 

コンピュータの存在を意識しないくらい、私たちの生活の中にするりと入ってくる。

魔法のようなものを無意識に使っていく。

そんな時代イメージを、今後のあり方として捉え、落合さんは研究なさっていると理解しました。

目先の細々としたテクノロジーではなく、すごく先の大きなビジョンを持っていらっしゃいます。

 

人間の体験をデザインすることが重要。

 

あと、東洋的な発想という

エーテル的な動の話もとても興味深かったです。

人間がその場では、見えないものの変化に着目した花鳥風月アプローチ。とても好きです。