ヒュッゲ タイム

ソフトウエアエンジニア。主にC++開発。ネイリスト業も少々。ファンタジー溢れる人生に憧れつつ、生きるのが辛かったり、もがく日々。日記で脳内メンテ。

教養としてのテクノロジー 伊藤穰一 感想

働く意味

ミーニング オブ ライフ

 

あらゆることが価値を持つ世界で、正当にその価値を測ることが必要。

お金はモノの価値や美学を減じる側面がある。

 

自動運転車のトロッコ問題。

仕様を決められるか?

 

ローカリティ

地域からセンシビリティを学ぶ。

 

フューチャリストではなくナウイストになろう。

 

生活への強いこだわりを持つ。

こだわり、美学。

センシビリティ、肌感覚。

 

日本は空気がムーブメントを作る。

アートやファッションも融合するようなオシャレな社会ムーブメントが必要。

 

感想

物質的に豊かになった現在。

豊かになるために働く時代は終わった。

何のために働くのか、その答えは人生の意味につながる。

日々、自分が楽しく幸せに過ごそうと思った時、

実際に過ごしている今の生活はそれとは違うと感じる。

ただ、何をすることが楽しい毎日なのか、自分のことなのにその答えすら分からない。

いつも自分の感情に敏感に生きて、自分の好きな生活の答えを増やしていきたい。

コミュニティ、人の温もり、自然。

これらを堪能しながら心豊かに生活するためにテクノロジーを活用したい。