ヒュッゲ タイム

ソフトウエアエンジニア。主にC++開発。ネイリスト業も少々。海外ふらつき時代を経て愛国心も育む。男の子2人のママ。自分育て(キャリア)と子育てでいつもいっぱいいっぱいだけど、一生懸命に目の前のことに取り組んで、ステップアップ↗︎↗︎ 技術情報、ヒュッゲ、子育て、キャリア、もう少し快適な家に住みたいけどお金が足りない、など、日々思いながらもがいてます。考えたこと学んだことをアウトプットして頭の整理。賢く楽しく美しく!生きたい!!

ブロックチェーン普及で会社は不要になる!?

newspickで読んだ記事、

株式会社GINCOの森川さんたちのご意見が大変興味深かったです。

 

以下、抜粋。

 

ブロックチェーンは組織での働き方の形を、

会社からコミュニティへと変えていくかもしれない。

ブロックチェーンは会社の持つ機能、例えば「従業員にお金を分配する」というようなことをどんどん自動化していくことができます。それが進むほど人の流動性が高くなります。
 ブロックチェーンによる新しい経済圏が広まっていくと、個人の働き方は、企業にぶら下がるのではなく、さまざまなコミュニティ(経済圏)のなかでどんな貢献ができるのか、つまり自分のロールが明確に問われるようになります。
 わかりやすく言えば、コミュニティ内で能力を発揮するほど、対価としていろいろな通貨を直接的に得られる世の中になっていく。
 組織としては、企業のビジョン、ブランディングが重要になります。どんなビジョンを打ち出せるかで、コミュニティが形成されていき、それを個人が選ぶようになっていきます。

------------------------------

人々が発揮するさまざまな価値を、コミュニティの評価ルールで拾うこともできるようになる。

 

-------------------------------------

そういう社会への変化が進んでいくと、「自分とは何か?」という問いに対して、どんな答えを持つかがすごく大事になってくる。

 

----------------------------------------

共感してもらえるコミュニティ。

愛されるコミュニティ。

を考えてみるといいかも。