ヒュッゲ タイム

ソフトウエアエンジニア。主にC++開発。ネイリスト業も少々。海外ふらつき時代を経て愛国心も育む。男の子2人のママ。自分育て(キャリア)と子育てでいつもいっぱいいっぱいだけど、一生懸命に目の前のことに取り組んで、ステップアップ↗︎↗︎ 技術情報、ヒュッゲ、子育て、キャリア、もう少し快適な家に住みたいけどお金が足りない、など、日々思いながらもがいてます。考えたこと学んだことをアウトプットして頭の整理。賢く楽しく美しく!生きたい!!

Windowsアプリ開発 メモリ使用を小さく抑える

2GBの壁!

が、32bitアプリにはあるそうです、使用できるメモリ容量が2GBまで!

 

LAAオプション

このオプションで64bit版Windowsでなら、32bitアプリでも4G Bくらいまでメモリ使用量を増やせるらしいです。

2018年時点で64bit版Windowsの普及率はどの程度だろうか?と思って調べましたが、これといった情報は見当たらず。

 

参考

https://www.google.co.jp/amp/s/www.webtech.co.jp/blog/optpix_labs/programing/6387/amp/

 

メモリの制限に対応するのも限界がきたら、

アプリケーションの中身を画面や機能単位で別の実行ファイルに分けるというのも、1つの手かなと思いました。